ほっこりな毎日。 from sumomonoki sumomonoki.exblog.jp

平凡だけどそれが幸せ。ほっこりな毎日。


by なっくんママ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
高校の頃。類友のお弁当箱の中に入っている

四角い薄茶色をしたおかずが玉子焼きと聞いて驚いたことがある

「なんで茶色いの😨?」

「お醤油が入ってるからよ☺️」

「お醤油😳?」

美味しいから食べてみなさいと言う彼女に

いやいやいやいやいやいや

玉子焼きは黄色でしょう‼️

甘くなくちゃ‼️と力説するも

きっぱり「いいえ。玉子焼きはこれ。」と言われΣ(゚д゚lll)....💦

お寿司屋さんの玉子だって黄色じゃん...とぶつぶつ(笑)


晴れた日の朝はバタバタだ。

天気がいいと大洗濯もしたくなるし

日差しが差すと部屋のあちこちが気になり出すし

あぁでも朝ごはん作らなくちゃと鮭を焼きながらサラダを作っていたら

「最近、甘くてふわふわなのが出てこないよなぁ」と

遠回しな物言いの玉子焼きのリクエストが背後から(*_*)〜


はいはい。作りますよ、作りますよ。
(良い子の皆さん。返事は一回ですよ(・∀・)♪)

我が家の玉子焼きは至ってシンプル

調味料はお砂糖とお水だけ。

e0375290_11515799.jpg
そこに卵を入れて軽くかき混ぜたら
e0375290_11520565.jpg
玉子焼き用の四角いフライパンで焼きます♪
e0375290_11521988.jpeg
あんまり火を通し過ぎずに手早くがコツといえばコツ(笑)
e0375290_11522880.jpeg
あっ。横着して菜箸だけでひっくり返してたら崩れちゃった(@_@)


まぁ、そんなことは気にしない気にしない(笑)

なにも言わずに食卓に置くと

「お。言ってみるもんだなぁ。」

「お〜なになに、玉子焼き作ったの〜」

「豪華豪華」とくちぐちに。

まったく大袈裟なんだから...

と思いつつも喜ぶ家族の笑顔が嬉しい。


そんな朝ごはんのお話

e0375290_11523718.jpeg

# by sumomo0753 | 2018-09-16 12:11 | お料理 | Comments(25)
埼玉県は奥秩父、標高1100mという山の中にある「三峯神社」です✨
e0375290_01562657.jpg
由緒は古く創建、景行天皇年間(なんと日本武尊のお父上Σ(゚д゚lll))

その景行天皇の息子である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が創始者とされていて

祀られているのは、伊弉諾尊、伊弉冉尊

(あの日本版アダムとイブのイザナギイザナミですよ〜)

まさに古事記や日本書記の世界✨

色鮮やかな拝殿にも意味があり

神社自体が神の世界と現世を繋ぐ空間との摩訶不思議な話を表すように

気を吐き出すという伝説の生き物「蜃」が拝殿に彫られているんです


<御朱印>
e0375290_02125316.jpg
三峯神社が関東屈指のパワースポットと言われるのにはいくつか理由があげられていて

その理由の一つ目が2012年辰年に突如現れた「龍神様」

拝殿前にある石畳に水をかけると赤い眼をした龍が浮かび上がると有名に✨
e0375290_02150841.jpg
そして二つ目の理由が御神木
e0375290_02185054.jpg
拝殿前にある2本の御神木は武将「畠山重忠」が奉献したそうで

樹齢推定なんと800年😨

神前にお参りの後、三度深呼吸をし、神木に手をつけて祈ります。

このご神木以外にもモミの木と檜がぴったり寄り添う「縁結びの木」も☺️💕

三峰の山を一望出来る「遥拝殿」

さらに山道を登ると参拝出来る奥宮もあるのですが

わたしは残念ながら全部は参拝出来ていません💦


人気の理由3つ目はお守りです。

普段、赤、紺、ピンク、緑の氣守が配られているのですが

毎月1日だけ特別に配布される『白の氣守り』が大人気(*_*)
e0375290_01461876.jpg
スケーターの浅田真央ちゃんがこのお守りを持っているということから

この白の氣守りを買いたい人が訪れるようになり

毎月一日、付近の道路は大混雑状態に((((;゚Д゚)))))))
e0375290_02441970.jpeg
これは大変なことですよΣ(゚д゚lll)

近隣住民の方々にとってはかなり不便が生じていたと思います

今回は御朱印が目的だったので初めから白の氣守りは諦めていましたが

いつかは一日に参拝して頂きたいと願っておりました

が。((((;゚Д゚)))))))

こういった大渋滞に対しての解決策が確実に整うまでの間

当面配布休止になったと知ってがっくり...😓


平成32年いっぱいまで三峯神社興雲閣に

宿泊確定されているかたには配布されるそうなんですが

今暫くは再開される日を待つしかなさそうです😣💦


西日本の台風に続いて北海道の大地震

ブログのお友達の皆さんのご無事を聞き安堵はしておりますが

報道で流れてくる映像をみていると心が痛みます


三峯神社からの帰り道「栗助」というお土産やさんに

こんな可愛らしいお地蔵様がありました

心の癒しというものは何気ない温かさにあるような気がします
e0375290_14335786.jpg
ほっこりな笑顔です

# by sumomo0753 | 2018-09-09 14:40 | 日記 | Comments(14)

ホクロにバイバイ

体操パワハラ問題で宮川紗江選手が話題になっている中

彼女のトレードマークのほくろについての記事を目にしました

本来、こういったデリケートな部分については

周りがとやかく言う話ではないと思いつつも

なんか人ごとではない気持ちになってしまう

わたしにもかつて鼻に大きなホクロがあったから


それが長年の悩みのタネでありました

幼い頃はそんなに目立たなかったホクロが

小学生の頃にはだんだんと目立つようになり

やんちゃな男子にからかわれたりしたこともあったり

初対面の人の視線がホクロにあるような気がしたり


それでもそれは個性なのだからと思っていたこともあったし

何しろ一番は怖かった

取りたいなと思うことはあっても顔の一番目立つ場所にあるほくろなのに

手術をして、もし傷跡が残ったらと😥


だけどわたしのほくろはいわゆる「イキボクロ」

若い頃の写真と比べてみると確実に大きくなってるのがわかるし

これはやっぱり取るべきなんだろうか❓

「ええい!なんとかなるでしょ!」と意気込んではみたものの、恐る恐る皮膚科を受診💦


巨大虫眼鏡のような機械でわたしのホクロを念入りにチェックしていた女医先生

わたしをじーっと見ながらにっこりと

「このほくろねぇ...。そうね〜気になるわよね。はい、取りましょう!」

「は、はい。Σ(゚д゚lll)」

「ちょうどね〜予約のキャンセルが出てるみたいだから、良かったわね(^ ^)」

「あ.〇〇さ〜ん、このかたのアレルギーチェックしてくださいね〜」

やたらテンポ良く明るいノリのまま気がついたら三日後にオペ予約をしておりました(汗)


<これが術前のわたしです。5mmくらいの膨らみのあるホクロが💧>
e0375290_15244890.jpeg
わたしが受けたホクロ除去の方法はCO2(炭酸ガス)レーザーで

保険適用外なので費用は20,000円。

後々取った後がシミにならないよう薬用クリームも2,000円で購入。

待っている間、手術室からガーゼを当てて出てくる患者さんが目に入り

わたしも顔にあんなに大きなガーゼをあてるのかしらとドキドキ(*_*)

手術についての説明書は一通り読んだけれどやってみないことにはわからない

「お入りください」

ああもうこの一言でわたしはまな板の上の鯉〜とやや酔いしれつつオペ室へ

( あら結構余裕だわね(・∀・)♪ )

「手術そのものは十分程度ですからね」

「麻酔がちくんとしますよ〜」

確かに麻酔は痛かった。でも歯の治療でもこんな感じだしなぁ...

そんなことを考えているうちにオペが始まる

「目はつぶっててくださいね」

って先生、言われなくても怖くて目は開けられないですよ((((;゚Д゚)))))))

物凄い大きい掃除機のような音が鳴り始めて

少し焼け焦げたような匂いがする

でも麻酔してるから痛くも熱くも痒くも全くなく

先生の言う通り数分で手術は終わり、

看護師さんがわたしの鼻に何か貼ったなぁと思ったら

「はい、無事に取れましたからね。お疲れ様でした(^ ^)」


あ、あれ? ガーゼとかは?

部屋を出て廊下にある鏡を見たら、小さな絆創膏がペタ。

「ええええ? これだけ〜❓」

あれです。注射した後に貼る、正方形の小さい絆創膏。

あれが鼻に貼ってあるだけΣ(゚д゚lll)


傷口からジュクジュクした液が出なくなるまでは軟膏と絆創膏を続けてくださいと

明日からお化粧もしていいし、洗顔もお風呂も大丈夫ですと

一番驚いたのは、問題なければもう来なくていいと言うんですから。


「長い間、大切にしてたホクロ。取るのはあっけなかったね」

類友の一言には笑えたけど、本当にそうだった。


術後数日で絆創膏も必要なくなり、数週間経つと全くわからなくなったホクロ

手術そのものも痛くなかったけど術後も痛くないのはメスを使わないからでしょうね

e0375290_01351517.jpeg
ホクロも身体の一部だし個性と捉えるのも一つの考え方だと思います

でもわたしは取って良かったですよ(^ ^)

もし悩まれている方がいらしたら、わたしの体験談がご参考になれば嬉しいですm(__)m

# by sumomo0753 | 2018-08-31 01:27 | 日記 | Comments(20)

ラピュタが空に

毎日本当に暑いですね〜💦

昨日の雷には参りました(*_*)

やっと去っていったかなぁ〜と思っていたのもつかの間

またもやピカピカとリバイバル((((;゚Д゚))))))💦

それもそのはず。

昨日の関東の空に

あの天空の城ラピュタが姿を現したという記事を発見

記事の写真を見たら、うわ✨ほんとだ〜106.png

巨大も巨大な積乱雲。

まさにラピュタですよ〜


けどあの雷は怖すぎる(>_<)💦



息子くんが中学2年の夏のこと

当時活動してた歴史研究部の合宿先で物凄い雷に遭遇。

目の前の木が真っ二つに裂けて黄色くなったのを見て

いつもは冷静な顧問の先生が呆然...

しかも彼らがいた場所は「血天井」で有名な寺院...149.png...

だけど子ども達はたくましい

あだ名は「スカイツリー」だという背がとても高い顧問の先生が

いざとなれば避雷針になってくれる✨と皆で祈ったと

いや、君たち、ちょっとそれは...Σ(゚д゚lll)


.....無事で何よりです(苦笑)


*****************************


先日、「あかつき」という品種の桃を頂いたのですが

箱の中に桃の保存方法についての説明書きが...

なんとアルミホイルに包んで冷蔵庫に保管すると良いそうなんですよ(^ ^)

で、早速実践。

e0375290_14551457.jpeg

ホイルの中の桃はこんな感じ

e0375290_14562211.jpg

この気候の影響で、今年は実があまり大きくならなかったのだと

生産者の方からのメッセージも添えてありましたが

でもとても甘くてジューシーでしたよ(^ ^)♪

ごちそうさまでした♪

e0375290_14582081.jpeg

# by sumomo0753 | 2018-08-28 15:03 | 日記 | Comments(8)

母の大好物


東京上板橋にある

昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」さん

そのお店の名物、栗饅頭が母のいちばんのお気に入り

e0375290_00442375.jpg
e0375290_07374107.jpeg
「保存料や添加物に頼らずに材料が本来持っている豊かな味を」と

石田屋さんのホームページにも書いてある通り

この栗饅頭

大きなしっとりとした一粒の栗が贅沢にごろん。

皮がまた、柔らかくて上品な甘さで美味しいのですよ(^ ^)♪

e0375290_07561572.jpg
(撮るの忘れてしまったので画像はお借りしました)



母がこの栗饅頭を好きな理由は白餡で包まれているから

白餡を食べると祖母を思い出すんですって


「おばあちゃんの作る白いんげんのきんとんは

ほんのり甘くて美味しかったのよ」


祖母はわたしが2歳になる前に亡くなったから

わたしの記憶には残っていない

兄のことは初孫だったからそれはそれは可愛がってくれたそうで

ブリキで出来たスバル360のおもちゃを買って与えたのも祖母

「それが元でお兄ちゃんはスバルにハマったのよ」と母が笑う


春雷の中、荒れまくる日にわたしが生まれた時には

「この子はきっとお前の力になってくれる」と

おばあちゃん、それちょっと、プレッシャー.......(*_*)🌀


お店のホームページに素敵なイラストが
e0375290_01062997.jpg
<朝から並ばないとお目当て商品が売り切れてしまうことも>


実はわたしは石田屋さんには一度も行ったことがないのですよ💦

何かとウチの母を気遣ってくれる Jちゃんが

「栗が好きなら絶対オススメ」と買ってきてくれたのがはじまりで

「あなたの家からここまで来て並ぶのは大変だから」と

代わりに並んで買いに行って来てくれる

母曰く「彼女は天使」


そうかもしれない(^ ^)


石田屋さんは東武東上線、上板橋駅から歩いて数分。商店街の中にあリます♪

# by sumomo0753 | 2018-08-23 07:25 | 日記 | Comments(11)